R筋

プログラミングと時々育児

健康についての当たり前の話

僕は体は丈夫なほうだと思っていて、風邪を引くのも年に1回あるかないかという程度だったんだけど、今年は体調を崩して1周間以上回復しないということがもう4回も起きている。すべて、子供が保育園に行き始めてから起きていて、どうやら子供が保育園でもらってきた風邪をすべて僕ももらっているようだ。しかも子供が回復しても僕はなかなか回復しないということが多く、それにより、仕事が片付かずストレスが増えたり、妻の育児負担が増え険悪になったりしていて、育児をする上でもちろん子供の健康は重要だが、自分の健康も同じくらい重要であるということをしみじみと感じている。書いてみると当たり前か。とはいえ、こういう内容だと当たり前の話しか書くことはないわけだから、引き続き当たり前のことを書くと、いろいろと忙しいと食事が適当になりがちだが、30近くなると偏った食生活がたちどころに体調に影響してくることを実感する。昼飯にパンのみという生活をしていたのは本当によくなかった。みんなも気をつけてほしい。あと、保育園にはいろいろな菌がいることも実感を持った。みんなも手洗いうがいをしっかりやろうな!そして、子供の体調が悪いと眠りが浅くなり、それに伴って親の睡眠も減るということは良くあった。それはすなわち共倒れを意味するわけで、子供の体調が悪いときは親も早く寝ような!これについてはなかなか実行できないが、あとで何日も長引く風邪になると思えば、今日の夜だけ早寝することは、合理的だ。
最近の僕の例でいくと、この辺を守らなかったばっかりに、子供がRSウィルスになったのをきっかけに、僕の咳も止まらなくなり、2周間くらい酷い喘息状態だった。喘息は、春頃にも、子供の風邪をきっかけに発症していて長引いたので、今回も辛くはあったが、気長に構えていた。だが、咳という症状は実はとても恐ろしくて、体に大きな負担がかかるようだ。咳しまくっているとまず酷い頭痛になった。そのへんは頭痛薬でなんとかなったが、今度は対局にあるお尻に異変が起きた。痔になったのだ。風邪で下痢気味になっていたところに、咳の衝撃が肛門に受けた結果、外痔核の診断を受けるところとなった。更に咳を続けていると今度は肋骨に激痛が走り始めた。これも咳あるあるで、肋骨への負担が神経痛を起こしていた。幸い疲労骨折などには至らかなったものの、鎮痛剤の量を増やすところとなった。そんなわけで、体中に諸症状を起こし一時期7~8種類の薬を飲んだり塗ったり貼ったりする日々を過ごすところとなっていた。そんな日々を過ごして、病は気からとは言うが、逆に気は病からということを痛感した。体調が芳しくないと、とにかく何もやる気が起きず、仕事も放置、勉強も手につかず、育児も妻まかせで寝込んでいた日々は、何も得るものがなかった。追い打ちをかけるように、健康診断の結果で、コレステロール値で再検査となっていた。健康はある日突然崩壊するということがよくわかった。これを読んでいるあなた、充実した日々は、健康が基本だということをよく覚えておくことだまじで。