R筋

プログラミングと時々育児

buffaloルータでポートを開放するときの注意点

raspberry piに外部からアクセスできるようポートを解放しようとしたときに家のネットワーク設定で一部ハマったところを自分用メモに残しておく。

以前の記事で書いたが、僕の家のLANはwimaxルータ→buffalo社ルータ→PCという順でつながっている。
buffalo社のルータには、ルーターモード、ブリッジモード及びルーターモードとブリッジモードを自動切換するオートモードがあるのだが、ルーターモードにするとややこしいことになるというのが今回の話。
公式サイトの図が分かりやすいが(http://faq.buffalo.jp/app/answers/detail/a_id/16000
buffalo社ルータの上位機器(プロバイダーから提供される機器)にルーター機能がある場合はブリッジモード、ない場合はルーターモードにするのが一般的である。おそらくデフォルトはオートモードになっており、自動的に判別がおこなわれるはずだったが、なぜかルータモードになっていたため、2重でルータが接続される状態になっていた。
これについては、一般的な利用の中では問題はなかったが、外部からLANにアクセスする必要があると、複数ルータでポートを解放する必要が生じ、大変複雑な作業が必要となる。(https://www.akakagemaru.info/port/tracert-2.html
現状buffalo社ルータをルーターモードにする必要がないため、ブリッジモードへ固定することにした。

しかしブリッジモードへ固定すると、buffaloルータのアドレス「192.168.11.100」が自動的に割り振られる。
これはwimaxルータのDHCPが設定する「192.168.100.~」の範囲から外れてしまう為
・「192.168.100.~」が振られたPCから管理画面へログインができない
・buffaloルータへ接続したNASへアクセスできない
という問題が生じる。
そのため、wimaxルータが割り振るアドレスのセグメントに変更するという手順(http://faq.buffalo.jp/app/answers/detail/a_id/15978)を行う。これは、外部からアクセスできるようポートを解放する手順まで含めているが、LAN内だけでNASを使う場合は、上記リンクの手順1/4まで完了する。

僕の躓きポイントとして「2つ以上のネットワーク機器が接続されています」というエラーが起きた。
まず、エアステーション管理ツールで、現在のbuffaloルータのIPアドレスを取得する必要があるが、検索を実行すると「2つ以上のネットワーク機器が接続されています」というエラーが出た。
これについては、仮想OSで使用していたネットワークアダプタがあったため、
「コントロールパネル」「ネットワークと共有センター」「アダプター設定の変更」からbuffaloルータへ接続しているwifiアダプタ以外を無効にしておく必要がある。

上記手順が完了したら、「エクスプローラー」「PC]「ネットワークドライブの割り当て」で「\\buffaloルータに設定したIPアドレス」を入力すると、NASへアクセスができるようになるし、ウェブブラウザのアドレス欄にbuffaloルータに設定したIPアドレスを入力すると管理画面へログインできるようになる。

ここまでくればwimaxルータでの設定だけだ。
まず、wimaxルータへグローバルIPを設定する(http://www.uqwimax.jp/plan/wimax/option/global_ip/
そして管理画面で対象の機器のポートを解放すれば完了だ(https://www.akakagemaru.info/port/w04-portfw.html

対象機器(Rasberry Pi)側での作業についてはこちらを参考にした(https://qiita.com/3no3_tw/items/4b5975a9f3087edf4e20
SSHするポートについても標準から変更しておとセキュリティが向上する。(https://qiita.com/mukoya/items/606c6cfbdf2f5065e0e4

よし準備はととのったぁ!何しようかなぁ!
f:id:anpontan382:20180228224505p:plain