【R】quantmodでファイナンスデータを取得

ファイナンスデータの取得・分析に強いquantmodのget系関数でできることをを挙げます。 toyota <- getSymbols("7203",src="yahooj",auto.assign=FALSE) 参考: www.dmjtmj-stock.comgetSymbols.yahooj()を使って getSymbols('7203.T',src='yahooj')でも可能…

【R】SQLiteと連携

sqliteのDBへのデータ入出力についてです。まず、sqlite本体からデータベースを作成して見ます。https://sqlite.org/index.html download→Precompiled Binaries for Windows→sqlite-tools-win32-x86-3190300.zi 作業フォルダに解答。 コマンドプロンプトを起…

【R】optionsでの設定一覧

options関数で様々なオプションを設定・確認できます 確認する場合は以下のコマンドを使用します。 options() getOptions("option名") 設定する場合は、options(オプション名=設定値)で行います。 設定できるオプションについて以下にまとめました。$add.smo…

【R】Excelファイルの読み込み

Excelファイルを読み込む場合はreadxlパッケージを使用します。 試しに政府統計の日本の人口データを読み込んでみます。統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103 install.packages("readxl") library(readxl) xls <- read_excel("05k2-1.xls",sheet=1,rang…

【R】RcppBDTパッケージ

前回に引き続き、日付を操作するパッケージRcppBDTをご紹介します。 私がよく使うのはgetNthDayOfWeekで、「今月の第3水曜日は何日」といったことを取得できます。以下に例を挙げます。 install.packages("RcppBDT") library(RcppBDT) date <- today() getE…

【R】lubridateパッケージ

lubridateパッケージは日付の操作に役立つ様々な関数があります。 日付型からyear(),month(),day(),hour()などで それぞれの部分を取り出せる関数がとても便利です。 他にも使用頻度が高いと思われるもののサンプルを紹介します。 #パッケージインストール i…

【R】Rをバッチ化し、定時起動して処理を行う

以下で作成した、webスクレイピングのスクリプトを1日1回定時起動して、 毎日清算価格を取得しprice.txtへ出力できるようにします。 anpontan382.hatenablog.com方針は以下の通りです。 ①コマンドプロンプトからRを実行できるようバッチ化 ②タスクスケジュ…

【R】webスクレイピングの超基礎

webスクレイピング用のライブラリrvestを使って、 取引所FXなどを展開する東京金融取引所のホームページから 清算価格を取得してみたいと思います。取引所のホームページからは様々な取引データが取得できるため、 金融の分析などに使用できることも多いと思…

【R】dplyrでクロス集計

deplyrパッケージの使い方について実際に実行してご紹介します。 #deplyr読み込み library(dplyr) #iris読み込み iris <- datasets::iris #種類ごとに何個あるのかクロス集計 iris %>% dplyr::group_by(Species) %>% dplyr::summarise(total=n()) 実行結果は…

【R】ヘッダーフッターをつけて出力する

データフレームをCSV出力する際に、ヘッダー行、フッター行をつけて出力する場合は、readrパッケージのwrite_linesを使用します。 library(readr) #データフレームdfをワーキングディレクトリにexport.csvとして出力します。 path <- paste(getwd(),"export.…

【R】データフレーム最終行へのアクセス

データフレームの最終行を取得する方法を列挙します。 df <- data.frame(matrix(1:6, nrow=3, ncol=2)) > df X1 X2 1 1 4 2 2 5 3 3 6 から X1 X2 3 3 6 を取り出す。 方法1 df[nrow(df),] 方法2 tail(df,n=1) 方法3 df[rev(row.names(df)),][1,]

【R】日付を操作する

日付の操作について、ご紹介します。 lubridate、RcppBDTライブラリがあります。 年・月・日を取得する(基本関数で) date <- as.Date("2017-05-08") year <- substr(date,1,4) month <- substr(date,6,7) day <- substr(date,9,10) 年・月・日を取得する(lu…

【R】NAの補完について

こんにちは!Rのこととか書いてきます。 まずは定番ですが、欠損値NAについて、補完の方法を列挙します。 ・特定の値を入力する df[is.na(df)] <- 0 ・NAを含む行を削除する na.omit(df) na.rm(df) ・前後の値の平均値を取る install.packages("zoo") library…